白鳥山 (1/5)

ホームへ          上へ          進む          戻る

2009(平成21)年10月31日(土)。単独行。

自宅を出て100mも走らないうちに登山靴を忘れたことに気付きUターン。

6時50分頃、大浪池駐車場に到着。山側は既に車で一杯だったので、トイレ側に駐車。

白鳥山が目的だったのだが、それだけでは物足りないので、大浪池に寄ることにした。
 
「頭上注意」の木は、カットされている
 
 

30分弱で、避難小屋に到着。何枚かデジカメで撮影した後、携帯でも撮って娘にメール。

朝日が射し込む大浪池と韓国岳

 
紅葉はピークを少し過ぎていた

下山途中で、大きい三脚をかついだ人に何回かすれちがう。傑作を撮るのに手軽に登れる山なのだろう。身軽でなくても1時間はかからないだろうから。

また、「早いですね。」と驚く人もいた。日の出前に登ったと誤解されたのだろう。一周していないから早いだけなんだけどね。

中腹までは、立派すぎる石畳の登山道
 
朝日に輝くアカマツ

ホームへ          上へ          進む          戻る